高岡早紀

○高岡早紀について紹介します。
・高岡早紀について紹介します。

高岡早紀
(1972年12月3日 - )
神奈川県藤沢市出身の日本の女優。
本名は高岡佐紀子。
所属事務所はフロムファーストプロダクション。
堀越高等学校卒業。
血液型A型。
実妹は、
モデルの高岡由美子。
───高岡早紀

1988年の4月、
岡田眞澄と共演した
「マドラス」
CMでTVデビューすると、
同月30日にはビクターレコードより
「真夜中のサブリナ」
で歌手デビューを果たす。
───高岡早紀

1989年
「cfガール」
で映画デビュー。
1990年に出演した
「バタアシ金魚」
で本格的に女優としての道を歩み始める。
───高岡早紀

1994年の映画
「忠臣蔵外伝 四谷怪談」では、
その豊満な乳房を惜しげもなくさらし、
日本映画史に名を残した。
1995年から放映された
「アパガード」
のCMでは、
俳優の東幹久との共演を果たし、
「芸能人は歯が命」
というキャッチフレーズを流行させる。
───高岡早紀

翌1996年には、
テレビドラマの共演が切っ掛けで知り合った
俳優の保坂尚輝と僅か4ヶ月の交際を経て結婚。
2男を出産するも一部のマスコミからは不仲説が報じられるようになる。
当初は保坂の女性関係などが原因とされていたが、
2004年6月に、
ギタリストの布袋寅泰との不倫の様子が
写真週刊誌フライデーに報じられると間もなく離婚が成立した。
これにより、
やしきたかじん、
和田アキ子は、
布袋を擁護し、
高岡、
保阪を非難した。
離婚後半年間の同居を経て完全別居。
親権は保阪・養育は高岡。
子供達とは高岡が一緒に生活している。
───高岡早紀

ジャズピアニストの山下洋輔は叔父にあたる。
また、
義弟には元サッカー日本代表で、
Jリーグ・鹿島アントラーズに所属するキャプテンの本田泰人
(2006年に現役引退)
を持つ。
───高岡早紀

高岡早紀

○高岡早紀について紹介します。
・高岡早紀について紹介します。

主な出演作品

テレビドラマ
スターライトキッズ〜新・北斗七星伝説〜(1989年、TBS)
───高岡早紀

”ダンシングミステリー” トリノ発:東京物語(1989年、テレビ東京) 立原サキ 役(父親役は岩城滉一)
───高岡早紀

びんた(1990年、TBS)
───高岡早紀

いつか誰かと朝帰りッ(1990年、フジテレビ)
───高岡早紀

火曜ミステリー劇場 冬の京都幽霊事件 (1991年、テレビ朝日)
───高岡早紀

映画みたいな恋したい/オールウェイズ(1991年、テレビ東京)
───高岡早紀

ルージュの伝言 「ANNIVERSARY」(1991年、TBS)
───高岡早紀

世にも奇妙な物語 『この気持ち伝えて』(1991年、フジテレビ系)
───高岡早紀

三浦海岸・魚河岸物語(1991年、TBS)
───高岡早紀

ポールポジション・愛しき人へ(1992年、日本テレビ)
───高岡早紀

魚のように〜四万十川輝き揺れる青春(1993年、NHK)
───高岡早紀

坊っちゃん -人生損ばかりのあなたにささぐ-(1994年、NHK)
───高岡早紀

湯けむり女子大生騒動 (1994年、テレビ朝日)
───高岡早紀

シュプールは行方不明 (1994年、日本テレビ)
───高岡早紀

海がきこえる〜アイがあるから〜 (1995年、テレビ朝日系) 津村知沙役
───高岡早紀

ピュア(1996年、フジテレビ系)
───高岡早紀

ひと夏のプロポーズ(1996年、TBS系)
───高岡早紀

かんにんな?川谷拓三と家族が歩んだ愛と涙の200日 (1996年、テレビ朝日系)
───高岡早紀

ストーカー 逃げきれぬ愛(1997年、日本テレビ系)
───高岡早紀

NHK大河ドラマ 元禄繚乱 (1999年、NHK)
───高岡早紀

ハッピー 愛と感動の物語 (1999年、テレビ東京)
───高岡早紀

東芝日曜劇場 「ザ・ドクター」 (1999年、TBS)
───高岡早紀

ハッピー2 (2000年、テレビ東京)
───高岡早紀

介護ビジネス (2001年、NHK)
───高岡早紀

鉄甲機ミカヅキ (2000年、フジテレビ系)
───高岡早紀

少年は鳥になった (2001年、TBS系)
───高岡早紀

TBS愛の劇場 たのしい幼稚園 (2001年、TBS系)
───高岡早紀

明るいほうへ 明るいほうへ -童謡詩人 金子みすゞ-?(2001年、TBS)
───高岡早紀

生きるための情熱としての殺人 (2001年、テレビ朝日系)
───高岡早紀

本家のヨメ (2001年、よみうりテレビ系)
───高岡早紀

人にやさしく (2002年、フジテレビ系)
───高岡早紀

14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜 (2003年、よみうりテレビ/日本テレビ) 五十嵐裕子役
───高岡早紀

真実一路 (2003年、フジテレビ系)
───高岡早紀

彼女が死んじゃった。 1話・2話 (2004年、日本テレビ系)
───高岡早紀

女と愛とミステリー「みんな誰かを殺したい」 (2004年、テレビ東京系)
───高岡早紀

樋口一葉物語 (2004年、TBS系)
───高岡早紀

相棒 (2004年、テレビ朝日系) 第7話
───高岡早紀

ナニワ金融道6 (2005年、フジテレビ系) 竹下樹理役
───高岡早紀

不機嫌なジーン (2005年、フジテレビ系)
───高岡早紀

水曜ミステリー9 松本清張特別企画「渡された場面」 (2005年、テレビ東京系)
───高岡早紀

大奥〜華の乱〜 (2005年、フジテレビ/関西テレビ) 右衛門佐(大奥総取締)役
───高岡早紀

おかしなふたり (2006年、フジテレビ系)
───高岡早紀

松本清張スペシャル・指(2006年、日本テレビ系) 北岡美穂役
───高岡早紀

プリマダム(2006年、日本テレビ系) 吉村 夏芽役
───高岡早紀

不信のとき〜ウーマン・ウォーズ〜 (2006年、フジテレビ系) 大澤千鶴子役
───高岡早紀

慶次郎縁側日記3 (2006年、NHK総合)
───高岡早紀

土曜プレミアム「仕掛人藤枝梅安」(2006年、フジテレビ系) おもん役
───高岡早紀

KIDS STORIES
涙たたえて微笑せよ〜明治の息子・島田清次郎・大正末の天才作家:島清の生涯
ワイン殺人事件
───高岡早紀

おみやさん第5シリーズ最終回SP(2006年、テレビ朝日系)
───高岡早紀

愛の流刑地(2007年、日本テレビ系)
───高岡早紀

孤独の賭け〜愛しき人よ〜(2007年、TBS系)
───高岡早紀

高岡早紀

○高岡早紀について紹介します。
・高岡早紀について紹介します。

テレビ番組
旅の香り 時の遊び (2004年、テレビ朝日系)
───高岡早紀

メレンゲの気持ち (2006年、日本テレビ系)
───高岡早紀


映画
cfガール (1989年、東映) 長谷久美子役
───高岡早紀

バタアシ金魚 (1990年、シネセゾン) ソノコ役
───高岡早紀

橋のない川 (1992年、東宝)
───高岡早紀

忠臣蔵外伝 四谷怪談 (1994年、松竹) お岩役
───高岡早紀

KYOKO (1996年、デラ・コーポレーション) キョウコ役
───高岡早紀

HAPPY PEOPLE (1997年、バップ)
───高岡早紀

岸和田少年愚連隊 望郷 (1998)
───高岡早紀

怪談新耳袋「手袋」 (2004年、スローラーナー)
───高岡早紀

恋は五・七・五!全国高校生俳句甲子園大会 (2004年、シネカノン)
───高岡早紀

濡れた赫い糸 (2005年、ジャパンホームビデオ) 一美役
───高岡早紀

female フィーメイル (2005年、東芝エンタテインメント) 木原正子役
───高岡早紀

欲望 (2005年、メディア・スーツ) 袴田阿佐緒役
───高岡早紀

寝ずの番 (2006年、マキノ雅彦監督、角川ヘラルドピクチャーズ)
───高岡早紀

悲しき天使 (2006年、ツインズジャパン)
───高岡早紀

長い散歩 (2006年、キネティック)
───高岡早紀

龍が如く 劇場版 (2007年春予定)
───高岡早紀


舞台
ミュージカル「モロトフカクテル」 (1988年)
ミュージカル「マランドロ」 (1988年)
ミュージカル「私の足ながおじさん」 (1990年)
竹中直人の会 「こわれゆく男」 (1993年)
「キレイ」 (2005年)
「獅童流 森の石松」(2006年10月2日〜26日、新橋演舞場)
───高岡早紀

CM
花王 「弱酸性メリット」
サンギ 「アパガードM」
サンヨー食品 「サッポロ一番」
タイガー魔法瓶
味の素 「Hot1(冷凍食品)」
ハウス食品「フルーツインゼリー」(安達祐実登板まで)
シビルスタッフ株式会社 「スチール」
───高岡早紀

ラジオ
高岡早紀 No More Tears(ニッポン放送「伊集院光のOh!デカナイト」箱番組)
───高岡早紀

イメージキャラクター
日本ビクター 「ビクター・甲子園ポスター」キャンペーン(1989年)
───高岡早紀

アニメーション
メガゾーン23PART3(1989)時祭イヴ役
主題歌、挿入歌2曲も担当
───高岡早紀

リリース作品

写真集
Pirouette En Dehors(1989年6月、撮影:堤あおい、CBS・ソニー出版)ISBN 4-7897-0444-0
ロマンセロ(1990年10月、撮影:薮下修、ワニブックス)ISBN 4-8470-2155-X
half moon(1991年1月、撮影:Kiyotaka Saito、CBS・ソニー出版)ISBN 4-7897-0625-7
───高岡早紀

Private dreams(1991年10月、山内順仁、ワニブックス) ISBN 4-8470-2219-X
ストップモーション(1991年12月、大陸書房)ISBN 4-8033-3758-6
WAOOOO!!(1992年12月、ワニブックス)ISBN 4-8470-2306-4
ヘアヌード写真集「one、two、three」(1996年3月、撮影・篠山紀信、ぶんか社)ISBN 4-8211-2085-2
Accidents Series 11 (1999年6月、撮影・篠山紀信、朝日出版社) ISBN:4-255-99026-3
───高岡早紀

ヘアヌード写真集「TIME DIFFERENCE」(2006年10月、撮影・篠山紀信、小学館)ISBN 4-0939-4593-4
───高岡早紀

DVD
小学館ビジュアル・ムック digi+KISHIN 高岡早紀(2006年10月、ポニーキャニオン)
───高岡早紀

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。